ようこそ株式会社新三興鋼管のホームページへ。電縫鋼管製造・販売 一般構造用炭素鋼鋼管 一般構造用角型鋼管他 
高周波誘導溶接法により製造致しております。又、ねじれ・曲げに強い為、安全性の高い構造材としてご利用いただけます。
他の構造材に比べ、曲げ加工、スエージ加工、へん平加工、穴あけ加工が容易にできます。
当社の造管技術と品質保証体系によって生み出される製品は、常に安定した形状を保っております。
※オフラインでの切断加工も行っております。
種類の
記号
引張試験 曲げ試験 へん平試験
引張強さ
N/平方mm
降伏点
又は耐力
N/平方mm
伸び%
曲げ角度
内側半径
(Dは管の
半径)
平坂間の距離
(Dは管の外径)
11・12号
試験片
5号
試験片
縦方向 横方向
STK290 290以上 30以上 25以上 90度 6D 2/3D
STK400 400以上 235以上 23以上 18以上 90度 6D 2/3D
STK500 500以上 355以上 15以上 10以上 90度 6D 7/8D
STK490 490以上 315以上 23以上 18以上 90度 6D 7/8D
【参考】厚さ8mm未満の鋼管の伸びの最小値は、厚さ1mmを滅するごとに伸びの値から1.5%を減じたものを、JIS Z8401(数値の丸め方)により整数値に丸める。
区分
外径の許容差 厚さの許容差 長さの許容差
1号 50mm未満 ±0.5mm
50mm以上 ±1.0%
4mm未満 +0.6mm・−0.5mm
4mm以上 +15.0%・−12.5%
+規定なし
−0
2号 50mm未満 ±0.25mm
50mm以上 ±0.5%
3mm未満 ±0.3mm
3mm以上 ±10.0%
サイズ\板厚
1.2 1.3 1.6 1.9 2.0 2.3 2.4 3.2 3.5 4.2 4.5 5.0 6.0
21.7
27.2
34.0
42.7
48.6
50.8
60.5
76.3
89.1
101.6
114.3
139.8
165.2
Copyright (C) 2007 ShinSankoKoukan Corporation. All Rights Reserved.